最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<map>

std::multimap::cbegin(C++11)

const_iterator cbegin() const noexcept;

概要

multimap コンテナの先頭のキーと要素のpairを参照するイテレータを返す。 内部的に、multimapコンテナは要素を下位から上位へと並べており、従って cbegin()multimap 内の最下位のキーにあたるpairのイテレータを返す。

戻り値

コンテナの先頭要素へのイテレータ。 const_iterator はメンバ型である。multimap クラステンプレートにおいて、これらは双方向イテレータである。

計算量

定数時間。

#include <iostream>
#include <map>

int main()
{
  std::multimap<int, char> m;
  m.insert(std::make_pair(3, 'C'));
  m.insert(std::make_pair(3, 'D'));
  m.insert(std::make_pair(7, 'G'));
  m.insert(std::make_pair(8, 'H'));
  m.insert(std::make_pair(4, 'D'));
  m.insert(std::make_pair(5, 'E'));
  m.insert(std::make_pair(1, 'A'));
  m.insert(std::make_pair(2, 'B'));
  m.insert(std::make_pair(6, 'F'));

  for( auto i = m.cbegin(); i != m.cend() ; ++i ) {
    std::cout << i->first << " " << i->second << "\n";
  }

  return 0;
}

出力

1 A
2 B
3 C
3 D
4 D
5 E
6 F
7 G
8 H

処理系

参照

名前 説明
multimap::begin 先頭を指すイテレータを取得する
multimap::end 末尾を指すイテレータを取得する
multimap::cend 末尾を指すconstイテレータを取得する
multimap::rbegin 末尾を指す逆イテレータを取得する
multimap::rend 先頭を指す逆イテレータを取得する
multimap::crbegin 末尾を指す逆constイテレータを取得する
multimap::crend 先頭を指す逆constイテレータを取得する