最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<memory>

std::construct_at(C++20)

namespace std {
  template <class T, class... Args>
  constexpr T* construct_at(T* location, Args&&... args); // (1) C++20
}

概要

コンストラクタを呼び出す。

locationの位置に配置newで型Tのコンストラクタを呼び出す。

テンプレートパラメータ制約

  • ::new (declval<void*>()) T(declval<Args>()...)が評価されないオペランドとして扱われる場合に、適格であること

効果

以下の関数があるとして、

template<class T>
constexpr void* voidify(T& ptr) noexcept {
  return const_cast<void*>(static_cast<const volatile void*>(addressof(ptr)));
}

以下と等価:

return ::new (voidify(*location)) T(std::forward<Args>(args)...);

#include <iostream>
#include <memory>

int main()
{
  // 配置newでオブジェクトを構築
  char storage[4];
  int* n = std::construct_at(reinterpret_cast<int*>(storage));

  *n = 314;
  std::cout << *n << std::endl;

  // デストラクタを呼び出して破棄
  std::destroy_at(n);
}

出力

314

バージョン

言語

  • C++17

処理系

関連項目

参照