最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

customization point object
<ranges>

std::ranges::rbegin(C++20)

namespace std::ranges {
  inline namespace /*unspecified*/ {
    inline constexpr /*unspecified*/ rbegin = /*unspecified*/;
  }
}

概要

範囲の末尾を指す逆イテレータを取得する関数オブジェクト。

効果

部分式Eの型をTtEを評価した値とする。 このとき、式ranges::rbegin(E)の効果は以下の通り。

  1. Eがrvalueかつenable_borrowed_range<remove_cv_t<T>>falseであれば、呼び出しは不適格。
  2. Tが配列型かつremove_all_extents_t<T>が不完全型であれば、呼び出しは不適格(診断不要)。
  3. decay-copy(t.rbegin())が有効な式でその型がinput_or_output_iteratorのモデルであれば、decay-copy(t.rbegin())と等しい。
  4. Tがクラス型または列挙体であって、rbeginがADLで見つかり、decay-copy(rbegin(t))が有効な式でその型がinput_or_output_iteratorのモデルであれば、decay-copy(rbegin(t))と等しい。
  5. ranges::begin(t)ranges::end(t)が同じ型をもつ有効な式で、その型がbidirectional_iteratorのモデルであれば、make_reverse_iterator(ranges::end(t))と等しい。

どれにも当てはまらないとき、呼び出しは不適格。

戻り値

範囲の末尾を指す逆イテレータ。

カスタマイゼーションポイント

3か4の条件を満たすようにする。例えば、ユーザー定義のフリー関数rbeginを定義するか、ユーザー定義のクラスにメンバ関数rbeginを持たせることでカスタマイズできる。 または、5の条件を満たすようにして、ranges::beginranges::endをカスタマイズすることで、ranges::rbeginをカスタマイズできる。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <ranges>
#include <algorithm>

void print(int x)
{
  std::cout << x << " ";
}

int main()
{
  // コンテナ
  {
    std::vector<int> v = {1, 2, 3};

    decltype(v)::reverse_iterator first = std::ranges::rbegin(v);
    decltype(v)::reverse_iterator last = std::ranges::rend(v);

    std::for_each(first, last, print);
  }
  std::cout << std::endl;

  // 組み込み配列
  {
    int ar[] = {4, 5, 6};

    std::reverse_iterator<int*> first = std::ranges::rbegin(ar);
    std::reverse_iterator<int*> last = std::ranges::rend(ar);

    std::for_each(first, last, print);
  }
  std::cout << std::endl;

  // 初期化子リスト
  {
    std::initializer_list<int> init = {7, 8, 9};

    std::reverse_iterator<const int*> first = std::ranges::rbegin(init);
    std::reverse_iterator<const int*> last = std::ranges::rend(init);

    std::for_each(first, last, print);
  }
}

出力

3 2 1 
6 5 4 
9 8 7 

バージョン

言語

  • C++20

処理系

関連項目

参照