最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<regex>

std::regex_iterator::operator==(C++11)

bool operator==(const regex_iterator& right) const;

概要

regex_iterator の等値比較を行う。

戻り値

*this と引数 right が共にシーケンスの終端を示すイテレータの場合、true を返す。
*this と引数 right のいずれか一方のみがシーケンスの終端を示すイテレータの場合、false を返す。
*this と引数 right が共にシーケンスの終端を示すイテレータではない場合、各メンバ変数が以下の全ての条件を満たしていれば true を、そうでなければ false を返す。

  • begin == right.begin
  • end == right.end
  • pregex == right.pregex
  • flags == right.flags
  • match[0] == right.match[0]

備考

  • メンバ変数 beginendpregexflagsmatch はあくまでも説明用のプライベートメンバ変数であるため、注意すること。
  • 本メンバ関数が true を返したとしても、イテレータが同じ個所を指しているとは限らないことに注意すること。(下記の例を参照)

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <regex>
#include <string>

int main()
{
  std::regex re("\d+");
  std::string s("+1-1+1-");

  // 2 つのイテレータを同一引数で生成する
  std::sregex_iterator it1(std::begin(s), std::end(s), re);
  std::sregex_iterator it2(std::begin(s), std::end(s), re);

  // 一方は 2 つ、もう一方は 1 つ進める
  ++it1; ++it1;
  ++it2;

  // operator== で比較する
  std::cout << std::boolalpha << (it1 == it2) << std::endl;

  // 参考のため、それぞれのマッチ結果の詳細を出力する
  std::cout << "it1:'" << it1->str() << "'(" << ((*it1)[0].first - std::begin(s)) << ", " << ((*it1)[0].second - std::begin(s)) << ')' << std::endl;
  std::cout << "it2:'" << it2->str() << "'(" << ((*it2)[0].first - std::begin(s)) << ", " << ((*it2)[0].second - std::begin(s)) << ')' << std::endl;
}

出力

true
it1:'1'(5, 6)
it2:'1'(3, 4)

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照

operator!= 非等値比較