最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<regex>

std::regex_token_iterator::operator==(C++11)

bool operator==(const regex_token_iterator& right) const;

概要

regex_token_iterator の等値比較を行う。

戻り値

*this と引数 right が共にシーケンス終端イテレータの場合、true を返す。
*this と引数 right が共に接尾辞イテレータで、かつ、suffix == right.suffix の場合、true を返す。
そうでなくて、*this と引数 right のいずれかがシーケンス終端イテレータ、あるいは、接尾辞イテレータの場合、false を返す。
そうでなくて、各メンバ変数が以下の全ての条件を満たしていれば true を、そうでなければ false を返す。

  • position == right.position
  • N == right.N
  • subs == right.subs

備考

  • メンバ変数 positionNsubssuffix はあくまでも説明用のプライベートメンバ変数であるため、注意すること。
  • 本メンバ関数が true を返したとしても、イテレータが同じ個所を指しているとは限らないことに注意すること。(下記の例を参照)

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <regex>
#include <string>
#include <initializer_list>

int main()
{
  // 検索対象は 2 番目の列挙子と 3 番目の列挙子が同じ文字列になっている
  const std::string s("enum E { enumerator1 = value1, enumerator2 = value2, enumerator2 = value2, };");
  const std::regex re(R"((\w+)\s*=\s*(\w+))"); // 列挙子とその値をグループ化

  // 同一の引数で 2 つのイテレータを構築する
  std::sregex_token_iterator it1(std::begin(s), std::end(s), re, { 1, 2 });
  std::sregex_token_iterator it2(std::begin(s), std::end(s), re, { 1, 2 });

  std::advance(it1, 2); // 2 つ進める(1 番目の enumerator2 を指す)
  std::advance(it2, 4); // 4 つ進める(2 番目の enumerator2 を指す)

  // operator== で比較する
  std::cout << std::boolalpha << (it1 == it2) << std::endl;

  // 参考のため、各サブマッチの詳細を出力する
  std::cout << "match range = (" << (it1->first - std::begin(s)) << ", " << (it1->second - std::begin(s)) << "), "
               "str = '" << it1->str() << '\'' << std::endl;
  std::cout << "match range = (" << (it2->first - std::begin(s)) << ", " << (it2->second - std::begin(s)) << "), "
               "str = '" << it2->str() << '\'' << std::endl;
}

出力

true
match range = (31, 42), str = 'enumerator2'
match range = (53, 64), str = 'enumerator2'

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照

名前 説明 対応バージョン
operator* 間接参照 C++11
operator-> メンバアクセス C++11
(constructor) コンストラクタ C++11
operator++ インクリメント C++11
operator!= 非等値比較 C++11