最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<set>

std::set::count

size_type count(const key_type& x) const; // (1)

template <class K>
size_type count(const K& x) const;        // (2) C++14

概要

キー x を検索し、コンテナ内に見つかった要素の数を返す。set コンテナはキーの重複を許さないため、この関数は実際には要素が見つかったときに 1 を、そうでないときに 0 を返す。multisetコンテナの場合はキーの重複を許すため、xと等値なキーの要素数を返す。

  • (1) : クラスのテンプレートパラメータkey_type型のキーを受け取って、xと等価なキーを持つ要素の数を取得する。
  • (2) : key_typeと比較可能なK型のキーを受け取って、xと等価なキーを持つ要素の数を取得する。

戻り値

  • (1) : xと等価なキーの要素が見つかった場合は1、そうでない場合は0を返す。
  • (2) : key_compare型の関数オブジェクトをc、コンテナ内の各要素が持つキーをkとして、キーが等価か判定する式!c(k, x) && !c(x, k)trueとなる要素が見つかった場合は1、そうでない場合は0を返す。

計算量

size() について対数時間

備考

  • (2) : この関数がオーバーロード解決に参加する条件は、find()メンバ関数の備考欄を参照。

#include <iostream>
#include <set>
#include <string>

int main()
{
  // (1)
  {
    std::multiset<std::string> s = { "Alice", "Bob", "Bob", "Carol" };

    std::size_t n = s.count("Bob");
    std::cout << n << std::endl;
  }

  // (2)
  {
    std::multiset<std::string, std::less<>> s = { "Alice", "Bob", "Bob", "Carol" };

    // std::lessのvoidに対する特殊化を使用することで、
    // 文字列リテラルをcount()関数の引数として渡した際に、
    // std::string型の一時オブジェクトが生成されない。
    std::size_t n = s.count("Bob");
    std::cout << n << std::endl;
  }
}

出力

2
2

関連項目

名前 説明
find 指定したキーで要素を探す
size 要素数を取得する
lower_bound 与えられた値より小さくない最初の要素へのイテレータを返す
upper_bound 特定の値よりも大きい最初の要素へのイテレータを返す

参照