最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class
<source_location>

std::source_location(C++20)

namespace std {
  struct source_location {
    static consteval source_location current() noexcept;
    constexpr source_location() noexcept;

    constexpr uint_least32_t line() const noexcept;
    constexpr uint_least32_t column() const noexcept;
    constexpr const char* file_name() const noexcept;
    constexpr const char* function_name() const noexcept;

  private:
    uint_least32_t line_;          // exposition only
    uint_least32_t column_;        // exposition only
    const char* file_name_;        // exposition only
    const char* function_name_;    // exposition only
  };
}

概要

source_location は、ソースコード上の位置を表す。

この型は要件Cpp17DefaultConstructible、Cpp17CopyConstructible、 Cpp17CopyAssignable、Cpp17Destructibleを満たす。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20
line 行番号を返す C++20
column 列番号を返す C++20
file_name ファイル名を返す C++20
function_name 関数名を返す C++20

静的メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
current この関数の呼び出し元のソースコード上の位置を返す C++20

#include <iostream>
#include <source_location>

int main()
{
  const std::source_location location = std::source_location::current();
  std::cout << location.line() << std::endl;
  std::cout << location.column() << std::endl;
  std::cout << location.file_name() << std::endl;
  std::cout << location.function_name() << std::endl;
}

出力例

??
??
??
??

この機能が必要になった背景・経緯

ソースコード上の位置情報はデバッグにおいて重要である。

C言語から引き継いだ定義済みマクロ__LINE____FILE__事前定義識別子__func__で ソースコード上の位置情報を取得できるが、それらをまとめて取得し、格納しておく方法は標準では提供されていなかったため、 source_locationが導入された。

バージョン

言語

  • C++20

処理系

関連項目

参照