最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<string>

std::basic_string::reserve

void reserve(size_type res_arg = 0); // (1) C++03 (C++20で非推奨化)
void reserve(size_type res_arg);     // (1) C++20

概要

basic_string が最適にメモリを確保できるよう、あらかじめサイズ変更の予定を指示する。

効果

  • C++03 : capacity() >= res_arg となる
  • C++20 : 現在のcapacity()res_argより小さい場合に限り、capacity() >= res_arg となるようメモリの伸長をリクエストする

戻り値

なし

例外

res_arg > max_size() の場合、length_error 例外を投げる。
allocator_traits<Allocator>::allocate() が、よりふさわしい例外を投げるかもしれない。

備考

  • C++03でreserve操作でのメモリの縮小ができたことは、以下の問題があった:
    • パフォーマンスの罠となっていた。この関数に指定する引数の値を慎重に選ばなければ、予想外の動的な再確保によってパフォーマンスを低下させる原因となっていた
    • 移植性の壁になっていた。メモリ縮小は実装に任せられたオプション機能であったため、環境による動作の違いがあった
    • vectorstringでのコードの汎用化がむずかしくなっていた。vector::reserve()はメモリ伸長のみをサポートしていたが、string側はメモリ縮小もサポートしていたため、引数の値を計算することが難しかった
    • メモリ縮小のためにはshrink_to_fit()メンバ関数があるため、そちらと重複する機能をなくすこととした
    • これらのことから、C++20では、メモリ縮小を許可しているように見えるデフォルト引数0を非推奨可し、メモリ縮小機能を効果から削除した

#include <iostream>
#include <string>

int main()
{
  std::string s;
  s.reserve(3);

  // 確保したサイズを確認
  std::size_t cap = s.capacity();
  std::cout << cap << std::endl;

  // reserveしたサイズを越えない限り、
  // push_backのたびにメモリの再確保が起こらない
  s.push_back('a');
  s.push_back('b');
  s.push_back('c');
}

出力例

3

参照