最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<type_traits>

std::is_trivially_default_constructible(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  struct is_trivially_default_constructible;
}

概要

Tがトリビアルにデフォルト構築可能か調べる。

要件

Tは完全型であるか、const/volatile修飾された(あるいはされていない)voidか、要素数不明の配列型でなければならない。

効果

is_trivially_default_constructibleは、型Tがトリビアルにデフォルト構築可能であるならばtrue_typeから派生し、そうでなければfalse_typeから派生する。

is_trivially_constructible<T>::value == trueならば、トリビアルにデフォルト構築可能であると判断される。

#include <type_traits>
#include <string>

struct X {
  // トリビアルなデフォルトコンストラクタを持っている
};

struct Y {
  // 非トリビアルなデフォルトコンストラクタを持っている
  Y() {}
};

struct Z {
  // 非トリビアルなデフォルトコンストラクタを持つ型を包含している
  std::string s;

  // Z型は非トリビアルなデフォルトコンストラクタを持つ
};

// 組み込み型は全てトリビアルにデフォルト構築可能
static_assert(
  std::is_trivially_default_constructible<int>::value == true,
  "int is trivially default constructible");

// トリビアルなデフォルトコンストラクタを持っている型
static_assert(
  std::is_trivially_default_constructible<X>::value == true,
  "X is trivially default constructible");

// 非トリビアルなデフォルトコンストラクタを持っている型
static_assert(
  std::is_trivially_default_constructible<Y>::value == false,
  "Y isn't trivially default constructible");

// 非トリビアルなデフォルトコンストラクタを持つ型を包含する型
static_assert(
  std::is_trivially_default_constructible<Z>::value == false,
  "Z isn't trivially default constructible");

int main() {}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系