最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<unordered_map>

std::unordered_map::rehash(C++11)

void rehash(size_type n);

概要

コンテナのバケット数が最小でも引数 n で指定された値になるように調整(リハッシュ)する。

事後条件

bucket_count() > size() / max_load_factor() かつ、bucket_count() >= n

戻り値

なし

例外

ハッシュ関数、および、キー比較用関数以外から例外が投げられた場合、コンテナは変更されない。

計算量

平均的なケースでは size() に比例するが、最悪のケースでは size() の 2 乗に比例する。

備考

  • リハッシュが行われた場合、
    • 全てのイテレータが無効になる。
    • 要素間の順番が変わる。
    • 要素の格納されているバケットが変更になる。
    • 要素へのポインタや参照は無効にならない
  • 現在のバケット数が n 以上の場合の動作は、標準では特に規定されていない。
  • 標準では、事後条件が bucket_count() > size() / max_load_factor() となっている(等号がない)が、load_factor()= size() / bucket_count())の条件は max_load_factor() >= load_factor() である(等号がある)ため、bucket_count() >= size() / max_load_factor() の(等号がある)方が適切であると思われる。

#include <iostream>
#include <unordered_map>

int main()
{
  std::unordered_map<int,int> um;

  um.emplace( 0, 0 );
  um.emplace( 1, 1 );
  um.emplace( 2, 2 );
  um.emplace( 3, 3 );

  um.max_load_factor( 2.0f );

  std::cout << "current max_load_factor: " << um.max_load_factor() << std::endl;
  std::cout << "current size: " << um.size() << std::endl;
  std::cout << "current bucket_count: " << um.bucket_count() << std::endl;
  std::cout << "current load_factor: " << um.load_factor() << std::endl;
  std::cout << std::endl;

  um.rehash(20);
  std::cout << "m.rehash(20)" << std::endl;
  std::cout << std::endl;

  std::cout << "new max_load_factor: " << um.max_load_factor() << std::endl;
  std::cout << "new size: " << um.size() << std::endl;
  std::cout << "new bucket_count: " << m.bucket_count() << std::endl;
  std::cout << "new load_factor: " << m.load_factor() << std::endl;
}

出力例

current max_load_factor: 2
current size: 4
current bucket_count: 8
current load_factor: 0.5

m.rehash(20)

new max_load_factor: 2
new size: 4
new bucket_count: 32
new load_factor: 0.125

検証

rehash(20) により
bucket_count() > n を満たしている

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照

size 要素数の取得
bucket_count バケット数の取得
load_factor 現在の負荷率(バケットあたりの要素数の平均)を取得
max_load_factor 負荷率の最大値を取得、設定
reserve 最小要素数指定によるバケット数の調整