最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<valarray>

std::valarray::end (非メンバ関数)(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  unspecified1 end(valarray<T>& va);       // (1)

  template <class T>
  unspecified2 end(const valarray<T>& va); // (2)
}

概要

末尾の次を指すイテレータを取得する。

戻り値

末尾の次を指すイテレータを返す。この関数によって返されるイテレータは、ランダムアクセスイテレータの要件を満たす型である。

unspecified1は非constなランダムアクセスイテレータ、unspecified2constなランダムアクセスイテレータである。

備考

この関数によって返されるイテレータは、resize()メンバ関数が呼び出されると無効になる。

#include <iostream>
#include <valarray>
#include <algorithm>

int main()
{
  std::valarray<int> va = {1, 2, 3};

  std::for_each(std::begin(va), std::end(va), [](int x) {
    std::cout << x << std::endl;
  });
}

出力

1
2
3

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照