最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<algorithm>

std::ranges::partial_sort(C++20)

namespace std::ranges {
  template<random_access_iterator I, sentinel_for<I> S, class Comp = ranges::less, class Proj = identity>
    requires sortable<I, Comp, Proj>
  constexpr I partial_sort(I first, I middle, S last, Comp comp = {}, Proj proj = {});

  template<random_access_range R, class Comp = ranges::less, class Proj = identity>
    requires sortable<iterator_t<R>, Comp, Proj>
  constexpr borrowed_iterator_t<R> partial_sort(R&& r, iterator_t<R> middle, Comp comp = {}, Proj proj = {});
}

概要

範囲を部分的にソートし、先頭 N 個を順に並んだ状態にする。Nmiddle - first で決まる。

この関数は、「売り上げランキング トップ1位から10位まで」のように、全体ではなく最高順位から途中までの順位がわかればよい状況で、全体を並び替えるsort()関数の代わりに使用できる。

なお、トップ10がどれかわかれば十分である(1位から10位までは順不同でよい)ような場合、nth_element()が使用できる。

効果

[first,last) にある要素の中から、middle - first 個の要素をソート済みの状態で [first,middle) に配置する。残りの [middle,last) にある要素は unspecified order に配置される。

戻り値

last

計算量

ほぼ (last - first) * log(middle - first) 回の比較を行う

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

int main()
{
  std::vector<int> v = {3, 1, 4, 2, 5};

  // 先頭2要素を並んだ状態にする
  std::ranges::partial_sort(v, v.begin() + 2);

  for (int i : v) {
    std::cout << i;
  }
  std::cout << std::endl;
}

出力

12435

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照