最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<algorithm>

std::ranges::remove_if(C++20)

namespace std::ranges {
  // (1)
  template<permutable I, sentinel_for<I> S, class Proj = identity, indirect_unary_predicate<projected<I, Proj>> Pred>
    constexpr subrange<I> remove_if(I first, S last, Pred pred, Proj proj = {});

  // (2)
  template<forward_range R, class Proj = identity, indirect_unary_predicate<projected<iterator_t<R>, Proj>> Pred>
    requires permutable<iterator_t<R>>
  constexpr borrowed_subrange_t<R> remove_if(R&& r, Pred pred, Proj proj = {});
}

概要

条件を満たす要素を除ける。

  • (1): イテレータペアで範囲を指定する
  • (2): 範囲を直接指定する

効果

[first,last) 内にあるイテレータ i について、invoke(pred,invoke(proj, *i)) である要素を取り除き、有効な要素を範囲の前に寄せる。

戻り値

j を有効な要素の末尾の次を指すイテレータとすると、 {j, last}

計算量

正確に last - first 回の述語の適用を行う

備考

安定。

備考

有効な要素を範囲の前方に集める処理には、ムーブを使用する。

取り除いた要素の先頭を指すイテレータをretとし、範囲[ret, last)の各要素には、有効な要素からムーブされた値が設定される。それらの値は、「有効だが未規定な値」となる。

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <vector>

int main() {
  std::vector<int> v = { 2,3,1,2,1 };

  auto result = std::ranges::remove_if(v, [](int x) { return x%2 != 0; });

  // [v.begin(), result.begin()) の範囲に奇数を除去した結果が入っている
  for (int x : std::ranges::subrange {v.begin(), result.begin()}) {
    std::cout << x << ",";
  }
  std::cout << std::endl;

  // remove を使ってもコンテナの要素数は変わらないことに注意しよう
  std::cout << "size before: " << v.size() << std::endl;

  // [v.begin(), result.begin()) の範囲に奇数を除去した結果が入っているので、
  // [result.begin(),v.end()) を erase することでサイズも変更することができる
  // (Erase-remove イディオム
  v.erase(result.begin(), v.end());
  std::cout << "size after: " << v.size() << std::endl;
}

出力

2,2,
size before: 5
size after: 2

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照