最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<algorithm>

std::ranges::upper_bound(C++20)

namespace std::ranges {
  template<forward_iterator I, sentinel_for<I> S, class T, class Proj = identity,
           indirect_strict_weak_order<const T*, projected<I, Proj>> Comp = ranges::less>
  constexpr I upper_bound(I first, S last, const T& value, Comp comp = {}, Proj proj = {});

  template<forward_range R, class T, class Proj = identity,
           indirect_strict_weak_order<const T*, projected<iterator_t<R>, Proj>> Comp = ranges::less>
  constexpr borrowed_iterator_t<R> upper_bound(R&& r, const T& value, Comp comp = {}, Proj proj = {});
}

概要

指定された要素より大きい値が現れる最初の位置のイテレータを取得する

事前条件

  • [first,last) の要素 e!(value < e) または !comp(value, e) によって区分化されていること。
    つまり、!(value < e) または !comp(value, e)true となる全ての要素 e は、false となる全ての要素よりも左側(first に近い方)になければならない。

戻り値

[first, last] 内のイテレータ i のうち、以下の条件を満たす、最も右側(first から遠い方)のもの。

  • [first, i) 内の全てのイテレータ j!(value < *j) または comp(value, *j) == false である。

(つまり、value より大きい要素のうち最初のものを指すイテレータ。value より大きい要素が無ければ last

計算量

最大で log2(last - first) + O(1) 回の比較を行う

備考

  • 本関数は、本質的に partition_point と等価である。
    具体的には、partition_point(first, last, [value](const T& e) { return !bool(value < e); })、あるいは、partition_point(first, last, [value, comp](const T& e) { return !bool(comp(value, e)); }) とすることで等価の結果が得られる。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

struct X {
  int key;    // プライマリキー
  int value;  // 補助的な値
};

void push_stable(std::vector<X>& queue, X elem)
{
  // 挿入対象の値 elem よりも大きい要素の位置、すなわち
  // elem と同値な要素グループの次の位置を検索する。
  auto it = std::ranges::upper_bound(queue, elem.key, {}, &X::key);
  queue.insert(it, elem);
}


int main()
{
  // この関数単体としての使い方
  {
    // upper_bound で 3 より大きい要素の位置を検索する場合、
    // 3 以下の物と 3 より大きい物がその順に並んでいれば、
    // 必ずしもソートされている必要はない。
    std::vector<int> v = {3, 1, 4, 6, 5};

    // 3より大きい要素を二分探索で検索
    auto it = std::ranges::upper_bound(v, 3);
    std::cout << *it << std::endl;
  }

  // 応用例:安定順序・優先順位付きキューの実装
  {
    std::vector<X> queue;
    push_stable(queue, {100, 1});
    push_stable(queue, {200, 1});
    push_stable(queue, {300, 1});
    push_stable(queue, {300, 2});
    push_stable(queue, {200, 2});
    push_stable(queue, {100, 2});

    // プライマリキー key は同値だが異なる値 value を持つ要素間では
    // キュー queue への要素挿入順序が維持されている。
    // (std::priority_queue クラスでは挿入順序は保持されない。)
    for (const auto& e: queue) {
      std::cout << e.key << ':' << e.value << ' ';
    }
    std::cout << std::endl;
  }
}

出力

4
100:1 100:2 200:1 200:2 300:1 300:2

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照