最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<atomic>

std::atomic::operator&=(C++11)

T operator&=(T operand) volatile noexcept;
T operator&=(T operand) noexcept;

概要

AND演算を行う

戻り値

以下と等価の式により、演算結果の値が返る:

return fetch_and(operand) & operand;

例外

投げない

備考

この関数は、atomicクラスの整数型に対する特殊化で定義される。

基本的な使い方

#include <iostream>
#include <atomic>
#include <bitset>

int main()
{
  int a = 0x0b;
  int b = 0x0e;

  std::atomic<int> x(a);

  x &= b;

  std::cout << std::bitset<4>(a).to_string() << std::endl;
  std::cout << std::bitset<4>(b).to_string() << std::endl;
  std::cout << std::bitset<4>(x.load()).to_string() << std::endl;
}

出力

1011
1110
1010

複数スレッドからビット複合演算を行う例 (C++14)

#include <iostream>
#include <atomic>
#include <thread>
#include <bitset>

int main()
{
  std::atomic<int> x{0b1111};

  // 複数スレッドでビット複合演算を呼んでも、
  // 最終的に全てのスレッドでのビット複合演算が処理された値になる
  std::thread t1 {[&x] {
    x &= 0b0111;
  }};
  std::thread t2 {[&x] {
    x &= 0b0101;
  }};

  t1.join();
  t2.join();

  int value = x.load();
  std::cout << std::bitset<4>(value).to_string() << std::endl;
}

出力

0101

バージョン

言語

  • C++11

処理系