最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<optional>

std::make_optional(C++17)

namespace std {
  template <class T>
  constexpr optional<see below> make_optional(T&& v);    // (1)

  template <class T, class... Args>
  constexpr optional<T> make_optional(Args&&... args);   // (2)

  template <class T, class U, class... Args>
  constexpr optional<T> make_optional(
                            std::initializer_list<U> il,
                            Args&&... args);             // (3)
}

概要

有効な値を保持するoptionalオブジェクトを構築する。

  • (1) : 型Tの値を受け取り、それを有効値として保持するoptionalオブジェクトを構築する
  • (2) : 型Tのコンストラクタ引数を受け取り、関数内でTオブジェクトを構築し、それを有効値として保持するoptionalオブジェクトを構築する
  • (3) : 型Tのコンストラクタ引数として初期化子リストと任意個の引数を受け取り、関数内でTオブジェクトを構築し、それを有効値として保持するoptionalオブジェクトを構築する

効果

#include <cassert>
#include <optional>
#include <type_traits>
#include <string>
#include <vector>

int main()
{
  // (1)
  {
    auto p = std::make_optional("Hello");
    static_assert(std::is_same_v<decltype(p), std::optional<const char*>>);
  }

  // (2)
  {
    auto p = std::make_optional<std::string>(3, 'A');

    assert(p.value() == "AAA");
    static_assert(std::is_same_v<decltype(p), std::optional<std::string>>);
  }

  // (3)
  {
    std::allocator<int> alloc;
    auto p = std::make_optional<std::vector<int>>({3, 1, 4}, alloc);

    assert(p.value()[0] == 3);
    assert(p.value()[1] == 1);
    assert(p.value()[2] == 4);
    static_assert(std::is_same_v<decltype(p), std::optional<std::vector<int>>>);
  }
}

出力

バージョン

言語

  • C++17

処理系