最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<optional>

std::optional::value_or(C++17)

template <class U> constexpr T value_or(U&& v) const&; // (1)
template <class U> constexpr T value_or(U&& v) &&;     // (2)

概要

有効値もしくは指定された無効値を取得する。

この関数は、*thisが有効値を保持していれば有効値を返し、そうでなければvを返す。

要件

効果

以下の式と同等の効果を持つ:

return has_value() ? value() : static_cast<T>(std::forward<U>(v));

#include <iostream>
#include <optional>

int main()
{
  std::optional<int> p1 = 3;
  // p1が有効値を持っていればそれが返り、持っていなければ-1が返る
  int result1 = p1.value_or(-1);
  std::cout << result1 << std::endl;

  std::optional<int> p2;
  int result2 = p2.value_or(-1);
  std::cout << result2 << std::endl;
}

出力

3
-1

バージョン

言語

  • C++17

処理系

関連項目