最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<ostream>

std::basic_ostream::operator<<

// マニピュレータの実行
// 3つとも関数へのポインタを引数に取る。
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(basic_ostream<CharT, Traits>& (*pf)(basic_ostream<CharT, Traits>&));
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(basic_ios<CharT, Traits>& (*pf)(basic_ios<CharT, Traits>&));
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(ios_base& (*pf)(ios_base&));

// bool値・数値・ポインタの書式化出力
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(bool n);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(short n);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(unsigned short n);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(int n);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(unsigned int n);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(long n);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(unsigned long n);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(long long n); // C++11
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(unsigned long long n); // C++11
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(float f);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(double f);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(long double f);
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(const void* p);

// ストリームバッファの非書式化出力
basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(basic_streambuf<CharT, Traits>* sb);

概要

ストリームへの出力またはマニピュレータの実行を行う。

  • マニピュレータを実行するオーバーロードそれ自体は、書式化出力関数・非書式化出力関数いずれにも該当しない。
  • 数値型(boolも含む)とvoid*に対するオーバーロードは、書式化出力関数である。
  • basic_streambufに対するオーバーロードは、非書式化出力関数である。

効果

マニピュレータの実行

  1. pf(*this)を呼び出す。

bool値・数値・ポインタの書式化出力

  1. sentryオブジェクトを構築する。sentryオブジェクトが失敗を示した場合、何もしない。
  2. num_put::putを使用して入力のパース・数値への変換を行う。実引数を渡すに際し、一部の型では以下のように型変換を行う。
    • short
      • flags()hexまたはoctが設定されていればstatic_cast<long>(static_cast<unsigned short>(n))
      • それ以外ではstatic_cast<long>(n)
    • int
      • flags()hexまたはoctが設定されていればstatic_cast<long>(static_cast<unsigned int>(n))
      • それ以外ではstatic_cast<long>(n)
    • unsigned shortunsigned int: static_cast<unsigned long>(n)
    • float: static_cast<double>(n)
  3. num_put::putから得られたiostate値を実引数にしてsetstate関数を呼び出す。

ストリームバッファの非書式化出力

別のストリームバッファからの入力をストリームに出力する。

  1. sentryオブジェクトを構築する。sentryオブジェクトが失敗を示した場合、何もしない。
  2. 仮引数sbがヌルポインタの場合、setstate(badbit)を呼び出して終了する。
  3. 以下のいずれかを満たすまで、sbから文字を入力してthisへ出力する。
    • EOFに達した。
    • 出力処理に失敗した(この場合、失敗したときの文字は入力側のストリームバッファに戻される)。
    • 例外が発生した。

入力がなされなかった場合、setstate(failbit)を呼び出す。

戻り値

*this

備考

#include <iostream>

int main() {
  std::cout << 101 << std::endl;
}

出力例

101

実装例

TBD

バージョン

言語

  • C++98
  • C++11: long longunsigned long longを実引数として受け取るものが追加された

関連項目

参照