最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<random>

std::operator<<(C++11)

namespace std {
  template <class CharT, class Traits, class RealType>
  basic_ostream<CharT, Traits>& operator<<(
    basic_ostream<CharT, Traits>& os
    const piecewise_constant_distribution<RealType>& x);
}

概要

ストリームへの出力を行う。

効果

osに対して、分布オブジェクトxの現在状態を出力する。

事後条件

osのフォーマットフラグが、この関数を呼び出す前の状態に戻ること。

戻り値

os

#include <iostream>
#include <random>
#include <array>

int main()
{
  std::array<double, 3> intervals = {0.0, 0.5, 1.0};
  std::array<double, 2> densities = {0.3, 0.5};

  std::piecewise_constant_distribution<> dist(
    intervals.begin(),
    intervals.end(),
    densities.begin()
  );

  std::cout << dist << std::endl;
}

出力例

2 0.00000000000000000e+00 5.00000000000000000e-01 1.00000000000000000e+00 7.49999999999999889e-01 1.25000000000000000e+00

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照