最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<random>

std::normal_distribution::コンストラクタ(C++11)

explicit normal_distribution(RealType mean = 0.0, RealType stddev = 1.0); // (1)
explicit normal_distribution(const param_type& parm);                     // (2)

概要

  • (1) : 正規分布の平均値meanおよび標準偏差stddevを受け取るコンストラクタ
  • (2) : パラメータオブジェクトを受け取るコンストラクタ。param_typeは、このクラスの(1)のコンストラクタと同じオーバーロードを持ち、それらのコンストラクタのパラメータを保持している。このコンストラクタでは、paramオブジェクトが持っているパラメータを、このクラスのコンストラクタに転送する。

要件

  • (1) : stddev > 0であること

#include <iostream>
#include <random>

int main()
{
  std::random_device seed_gen;
  std::default_random_engine engine(seed_gen());

  // (1) パラメータを個別に指定する
  {
    // 平均0.0、標準偏差1.0で分布させる
    std::normal_distribution<> dist(0.0, 1.0);

    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
      double result = dist(engine);
      std::cout << result << std::endl;
    }
  }
  std::cout << std::endl;

  // (2) パラメータを通して範囲指定する
  {
    using dist_type = std::normal_distribution<>;

    // 平均0.0、標準偏差1.0で分布させる
    dist_type::param_type param(0.0, 1.0);
    dist_type dist(param);

    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
      double result = dist(engine);
      std::cout << result << std::endl;
    }
  }
}

出力例

-0.793657
0.574593
0.789962
-1.15676
-1.67754
0.642965
-0.889756
0.374841
1.65863
0.372529

1.90097
-0.330375
2.00916
0.367814
-1.74987
-2.2329
-1.75056
0.954589
1.1547
0.532431

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照