最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<random>

std::piecewise_linear_distribution::operator()(C++11)

template <class URNG>
result_type operator()(URNG& g);                         // (1)

template <class URNG>
result_type operator()(URNG& g, const param_type& parm); // (2)

概要

  • (1) : コンストラクタで指定されたパラメータに基いて、乱数生成を行う
  • (2) : コンストラクタで設定されたパラメータの代わりに、paramを乱数生成のパラメータとして使用して乱数生成を行う

戻り値

区間列と重み列に基いて、ランダムな実数値を生成して返す。

計算量

償却定数時間(g()の呼び出し回数)

#include <iostream>
#include <random>
#include <array>

int main()
{
  std::random_device seed_gen;
  std::default_random_engine engine(seed_gen());

  // [0.0, 5.0)の値は、出現確率が0.0から0.5まで線形に上昇する。
  // [5.0, 10.0)の値は、出現確率が0.5から0.1まで線形に減少する。
  std::array<double, 3> intervals = {0.0, 5.0, 10.0};
  std::array<double, 3> densities = {0.0, 0.5,  0.1};

  // (1)
  {
    std::piecewise_linear_distribution<> dist(
      intervals.begin(),
      intervals.end(),
      densities.begin()
    );

    for (int i = 0; i < 5; ++i) {
      double result = dist(engine);
      std::cout << result << std::endl;
    }
  }

  // (2) パラメータを渡すバージョン
  std::cout << std::endl;
  {
    using dist_type = std::piecewise_linear_distribution<>;
    dist_type dist;

    for (int i = 0; i < 5; ++i) {
      dist_type::param_type param(
        intervals.begin(),
        intervals.end(),
        densities.begin()
      );

      double result = dist(engine, param);
      std::cout << result << std::endl;
    }
  }
}

出力例

7.45002
5.98528
7.25169
5.60786
4.08141

8.6389
5.07127
1.86764
9.35429
2.78565

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照