最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<random>

std::random_device::entropy(C++11)

double entropy() const noexcept;

概要

エントロピー(乱数の乱雑さの度合い)を取得する。

戻り値

実装が非決定的な乱数を持っておらず、擬似乱数を使用する場合には乱雑さがないため、0.0が返る。
そうでなければ、min()からlog2(max() + 1)の範囲において、operator()によって返される乱数の乱雑さの度合いを返す。

備考

  • GCC(libstdc++)とClang(libc++)は常に0.0を返す。
  • Visual C++は常に32を返す。
  • Boost.Randomのrandom_device::entropy()は常に10を返す。

#include <iostream>
#include <random>

int main()
{
  std::random_device rd;

  double result = rd.entropy();
  std::cout << result << std::endl;
}

出力

0

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照