最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<streambuf>

std::basic_streambuf::getloc

namespace std {
  template<class CharT, class Traits = char_traits<CharT>>
  class basic_streambuf {
  public:
    locale getloc() const;

    ……
  };
}

概要

ストリームバッファの現在のロケールを取得する。

戻り値

  • 最後にpubimbue()を呼び出したときの実引数。
  • そのオブジェクトに対してpubimbue()を1回も呼び出していなければ、構築時のグローバルロケール。

実装例

pubimbue()も併せて掲載している。

namespace std {
  template<class CharT, class Traits = char_traits<CharT>>
  class basic_streambuf {
  public:
    locale getloc() const {
      return locale_;
    }

    locale publimbue(const locale& loc) {
      locale prev_loc = locale_;
      this->imbue(loc);
      locale_ = loc;
      return prev_loc;
    }

  private:
    locale locale_;

    ……
  };
}

バージョン

言語

  • C++98

参照