最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<system_error>

std::error_code::default_error_condition(C++11)

error_condition default_error_condition() const noexcept;

概要

包含しているエラー値とエラーカテゴリに対応するerror_conditionを構築

戻り値

category().default_error_condition(value())

例外

投げない

備考

構築されるerror_conditionオブジェクトのvalue()およびcategory()は、default_error_condition()関数内において対応するエラー値、カテゴリに変換される可能性がある(VC10, GCC 4.6.1では同じエラー値、同じカテゴリとなる)。

#include <iostream>
#include <system_error>
#include <string>

int main()
{
  std::error_code ec(static_cast<int>(std::errc::invalid_argument),
                     std::generic_category());

  std::error_condition ed = ec.default_error_condition();

  std::cout << ec.value() << std::endl;
  std::cout << ec.category().name() << std::endl;
  std::cout << ec.message() << std::endl;

  std::cout << std::endl;

  std::cout << ed.value() << std::endl;
  std::cout << ed.category().name() << std::endl;
  std::cout << ed.message() << std::endl;
}

出力例

22
generic
Invalid argument

22
generic
Invalid argument

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照