最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<type_traits>

std::is_invocable_r(C++17)

namespace std {
  template <class R, class F, class... ArgsTypes>
  struct is_invocable_r;

  template <class R, class F, class... ArgsTypes>
  inline constexpr bool is_invocable_r_v = std::is_invocable_r<R, F, ArgsTypes...>::value;
}

概要

Fが、与えられた型の引数ArgsTypes...で関数呼び出し可能であり、その戻り値型がRに変換可能かどうかを調べる。

要件

R, FおよびArgsTypes...パラメータパックの全ての型が、完全型であること。もしくはconst/volatile修飾された(あるいはされていない)voidか、要素数不明の配列型であること。

効果

Fに対して引数ArgsTypes...によるINVOKEコンセプトに従った呼び出しが可能であり、その結果となる戻り値の型がRに変換可能であればtrue_typeから派生し、そうでなければfalse_typeから派生する。

結果は以下と等価である:

#include <type_traits>
#include <iostream>

auto f(int) -> double {
  return 0.0;
}


int main()
{
  std::cout << std::boolalpha;

  //f(int) -> double
  std::cout << std::is_invocable_r<double, decltype(f), int>::value << std::endl;

  //f(int) -> double -> int
  std::cout << std::is_invocable_r<int, decltype(f), int>::value << std::endl;

  //f(int*) (定義なし)
  std::cout << std::is_invocable_r<double, decltype(f), int*>::value << std::endl;

  //f(int) -> double -> char* (戻り値型変換不可)
  std::cout << std::is_invocable_r<char*, decltype(f), int>::value << std::endl;
}

出力

true
true
false
false

バージョン

言語

  • C++17

処理系

参照