最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<unordered_map>

std::unordered_multimap::emplace(C++11)

template <class... Args>
iterator emplace(Args&&... args);

概要

コンテナ内へ要素を直接構築する

要件

このコンテナの要素型 value_type は、コンテナに対して引数 args から EmplaceConstructible でなければならない。

効果

std::forward<Args>(args)... から構築された value_type のオブジェクト t をコンテナに挿入する。

なお、オブジェクト t は、構築後にコンテナにコピー、あるいはムーブされるわけではなく、コンテナ内に直接構築される。

戻り値

追加された要素を指すイテレータ。

例外

ハッシュ関数以外から例外が投げられた場合には、挿入はされない。

計算量

平均的なケースでは定数(O(1))だが、最悪のケースではコンテナの要素数に比例(O(size()))。

備考

  • この関数が呼ばれた後も、当該コンテナ内の要素を指す参照は無効にはならない。
    なお、規格書に明確な記載は無いが、当該コンテナ内の要素を指すポインタも無効にはならない。

  • この関数が呼ばれた後も、呼び出しの前後でこのコンテナのバケット数(bucket_count() の戻り値)が変わらなかった(=リハッシュが発生しなかった)場合、当該コンテナを指すイテレータは無効にはならない。
    それ以外の場合は、当該コンテナを指すイテレータは無効になる可能性がある。
    コンテナのバケット数が変わらない条件は、

    • この関数を呼び出した後の要素数が、呼び出す前のバケット数(bucket_count() の戻り値)×最大負荷率(max_load_factor() の戻り値)以下である。

    となっている。
    なお、この条件は C++14 までは「以下」ではなく「よりも小さい」だったため、最大負荷率の定義と不整合だった。
    これは規格の誤りとして C++17 で修正されたが、使用する処理系やそのバージョンによっては以前の「よりも小さい」という条件でしかイテレータの有効性を保証していない可能性があるため、注意が必要である。

  • これらの関数が呼ばれた後、たとえ呼び出しの前後でこのコンテナのバケット数(bucket_count() の戻り値)が変わった(=リハッシュが発生した)場合でも、等価なキーの要素同士の相対的な順序は変わらない。

  • このメンバ関数は、コンテナの種類によってシグネチャが異なるため、注意が必要である。
    emplace_hint も含めた一覧を以下に示す。

    コンテナ シグネチャ
    シーケンスコンテナ template <class... Args>
    iterator emplace(const_iterator, Args&&...)
    連想コンテナ、非順序連想コンテナ
    (同一キーの重複を許さない場合)
    template <class... Args>
    pair<iterator, bool> emplace(Args&&...)
    連想コンテナ、非順序連想コンテナ
    (同一キーの重複を許す場合)
    template <class... Args>
    iterator emplace(Args&&...)
    連想コンテナ、非順序連想コンテナ template <class... Args>
    iterator emplace_hint(const_iterator, Args&&...)

#include <iostream>
#include <unordered_map>
#include <string>
#include <utility>
#include <algorithm>

// サンプルで使用する型の別名
using is = std::pair<const int, std::string>;

// サンプルで使用する型の別名のための挿入演算子
std::ostream& operator<<(std::ostream& os, const is& p)
{
  return os << '(' << p.first << ',' << p.second << ')';
}

int main()
{
  std::unordered_multimap<int, std::string> um;

  auto it1 = um.emplace(1, "1st");
  std::cout << *it1 << '\n';
  auto it2 = um.emplace(2, "2nd");
  std::cout << *it2 << '\n';
  auto it3 = um.emplace(1, "3rd");
  std::cout << *it3 << '\n';

  std::for_each(um.cbegin(), um.cend(), [](const is& p) {
    std::cout << p << ", ";
  });
  std::cout << std::endl;
}

出力

(1,1st)
(2,2nd)
(1,3rd)
(2,2nd), (1,1st), (1,3rd), 

注:unordered_multimap は非順序連想コンテナであるため、出力順序は無意味であることに注意

バージョン

言語

  • C++11

処理系

備考

  • Clang 3.3 以降は C++17 モードでなくても C++17 の条件でのリハッシュとなっている。
  • GCC は 8.2.0 時点でまだ C++17 の条件でのリハッシュとなっていない。また、バージョンによってリハッシュ条件が微妙に異なるため注意。

関連項目

名前 説明
emplace_hint 挿入位置のヒントを使用したコンテナ内への要素の直接構築
insert 要素の追加
erase 要素の削除
clear 全要素の削除
swap 内容の交換
bucket_count バケット数の取得
load_factor 現在の負荷率(バケットあたりの要素数の平均)を取得
max_load_factor 負荷率の最大値を取得、設定
rehash 最小バケット数指定によるバケット数の調整
reserve 最小要素数指定によるバケット数の調整

参照