最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<variant>

std::get_if(C++17)

namespace std {
  template <size_t I, class... Types>
  constexpr add_pointer_t<variant_alternative_t<I, variant<Types...>>>
    get_if(variant<Types...>* v) noexcept;       // (1)

  template <size_t I, class... Types>
  constexpr add_pointer_t<const variant_alternative_t<I, variant<Types...>>>
    get_if(const variant<Types...>* v) noexcept; // (2)

  template <class T, class... Types>
  constexpr add_pointer_t<T>
    get_if(variant<Types...>* v) noexcept;       // (3)

  template <class T, class... Types>
  constexpr add_pointer_t<const T>
    get_if(const variant<Types...>* v) noexcept; // (4)
}

概要

variantオブジェクトから、指定したインデックスもしくは型の値を指すポインタを取得する。

  • (1) : 非const左辺値のvariantオブジェクトへのポインタから、候補型のインデックスを指定して、値を指すポインタを取得する
  • (2) : const左辺値のvariantオブジェクトへのポインタから、候補型のインデックスを指定して、値を指すポインタを取得する
  • (3) : 非const左辺値のvariantオブジェクトへのポインタから、候補型を指定して、値を指すポインタを取得する
  • (4) : const左辺値のvariantオブジェクトへのポインタから、候補型を指定して、値を指すポインタを取得する

要件

  • (1), (2) : I < sizeof...(Types)であること。そうでなければプログラムは不適格となる
  • (3), (4) : Types...内に型Tが正確にひとつ含まれること。そうでなければプログラムは不適格となる

戻り値

  • (1), (2) : v->index()Iが等値である場合、variantオブジェクトに保持されているI番目の候補型の値を指すポインタを返す。そうでなければnullptrを返す
  • (3), (4) : vT型の値を保持している場合、その値を指すポインタを返す。そうでなければnullptrを返す

例外

投げない

#include <iostream>
#include <variant>
#include <string>

int main()
{
  // (1)
  {
    std::variant<int, char, std::string> v = 3;

    // 保持している値の型はintなので、
    // 0番目 (int, char, stringの先頭インデックス) を指定して値を取り出す
    int* p = std::get_if<0>(&v);
    if (p) {
      std::cout << "(1) : " << *p << std::endl;
    }
    else {
      std::cout << "(1) : not found" << std::endl;
    }
  }

  // (2)
  {
    const std::variant<int, char, std::string> v = 'a';

    // const左辺値参照のvariantオブジェクトを渡すと、
    // const左辺値参照の値が返る
    const char* p = std::get_if<1>(&v);
    if (p) {
      std::cout << "(2) : " << *p << std::endl;
    }
    else {
      std::cout << "(2) : not found" << std::endl;
    }
  }

  // (3)
  {
    std::variant<int, char, std::string> v = 3;

    // 保持している型を指定して値を取り出す。
    int* p = std::get_if<int>(&v);
    if (p) {
      std::cout << "(3) : " << *p << std::endl;
    }
    else {
      std::cout << "(3) : not found" << std::endl;
    }

    // 以下のコードはコンパイルエラーになる。
    // variantのクラステンプレート引数に与えた型を、ここでは指定しなければならない
    // const int* q = std::get_if<const int>(v);
  }

  // (4)
  {
    const std::variant<int, char, std::string> v = 'a';

    // const左辺値参照のvariantオブジェクトを渡すと、
    // const左辺値参照の値が返る
    const char* p = std::get_if<char>(&v);
    if (p) {
      std::cout << "(4) : " << *p << std::endl;
    }
    else {
      std::cout << "(4) : not found" << std::endl;
    }
  }
}

出力

(1) : 3
(2) : a
(3) : 3
(4) : a

バージョン

言語

  • C++17

処理系