最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function template
<mutex>

std::call_once(C++11)

namespace std {
  template <class Callable, class ...Args>
  void call_once(once_flag& flag, Callable func, Args&&... args);
}

概要

指定された関数を一度だけ呼び出す。

この関数は主に、複数スレッド間で共通使用するデータの初期化処理などで使用する。

効果

パラメータflagが初期状態であれば、func関数オブジェクトにargs...を適用して呼び出し、そうでなければfunc関数オブジェクトを呼び出さない。

func関数オブジェクトの呼び出しが例外を送出する場合、その例外はcall_once()関数の呼び出し元に伝達され、パラメータflagは初期状態のままとなる。

戻り値

なし

例外

  • システムのAPIで何らかのエラーが発生した場合、system_error例外が送出される。
  • func関数オブジェクトの呼び出しによって送出される、あらゆる例外が送出される可能性がある。

備考

func関数オブジェクトの呼び出しが例外を送出した場合、同じパラメータflagを指定した次のcall_onceにて関数オブジェクトが呼び出される。また、同じパラメータflagを指定した複数call_once()において、指定された各関数オブジェクトの呼び出しは同時に行われない。(全順序が保証される)

#include <iostream>
#include <thread>
#include <mutex>

std::once_flag once;

void init()
{
  // 初期化を行う...
  std::cout << "initialize" << std::endl;
}

void thread_proc()
{
  std::call_once(once, init);
}

int main()
{
  std::thread t1(thread_proc);
  std::thread t2(thread_proc);
  std::thread t3(thread_proc);

  t1.join();
  t2.join();
  t3.join();
}

出力

initialize

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照

  • LWG Issue 2080. Specify when once_flag becomes invalid
    • C++11では、once_flagが無効(invalid)な場合にsystem_errorが送出される仕様になっていた。実際には、once_flagが無効になる状況はないため、C++14でこの例外仕様が削除された。