最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<mutex>

std::recursive_timed_mutex::unlock(C++11)

void unlock();

概要

ロックを手放す

要件

この関数を実行するスレッドがミューテックスの所有権を持っていること

効果

この関数を呼び出したスレッドが持つミューテックスの所有権を手放す。

再帰的に所有権が取得されていた場合、最後のひとつがunlockされた際に所有権を手放す。

戻り値

なし

例外

投げない

#include <iostream>
#include <mutex>
#include <thread>

class counter {
  int count_ = 0;
  std::recursive_timed_mutex mtx_;
public:
  int add(int value)
  {
    mtx_.lock(); // 2.ロックを再帰的に取得する
    int result = count_ += value;
    mtx_.unlock(); // 3.ロックを手放す(まだロックを取得しているユーザーがいるので、まだ所有権を手放さない)
    return result;
  }

  int increment()
  {
    mtx_.lock(); // 1.ロックを取得する
    int result = add(1); // add()関数内でも同じミューテックスからロックを取得する
    mtx_.unlock(); // 4.ロックを手放す(再帰的にロックを取得しているユーザーがいなくなったので、所有権を手放す)
    return result;
  }
};

std::mutex print_mtx_;
void print_value(int value)
{
  std::lock_guard<std::mutex> lock(print_mtx_);
  std::cout << "count == " << value << std::endl;
}

counter c;
void change_count()
{
  int value = c.increment();
  print_value(value);
}

int main()
{
  std::thread t1(change_count);
  std::thread t2(change_count);

  t1.join();
  t2.join();
}

出力

count == 1
count == 2

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照