最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<random>

std::binomial_distribution(C++11)

namespace std {
  template <class IntType = int>
  class binomial_distribution;
}

概要

binomial_distributionは、離散確率分布の一種である二項分布を表すクラスである。
成功する確率pの事象をn回施行し、成功した回数を求める。

二項分布は、以下のような用途に使用できる:

  • 死亡する確率があるワクチンをN人に投与し、生き残る(or 死亡する)人数を求める
  • N個の製品に、確率pで不良品が発生する

テンプレートパラメータは、以下を意味する:

  • IntType : 成功した回数を表す整数型。

メンバ関数

構築・リセット

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++11
~binomial_distribution() = default; デストラクタ C++11
reset 状態をリセットする C++11

生成

名前 説明 対応バージョン
operator() 乱数を生成する C++11

プロパティ

名前 説明 対応バージョン
t 試行回数を取得する C++11
p 確率を取得する C++11
param 分布のパラメータを取得/設定する C++11
min 生成し得る値の下限を取得する C++11
max 生成し得る値の上限を取得する C++11

メンバ型

説明 対応バージョン
result_type 乱数生成結果の整数型。IntType C++11
param_type 分布パラメータの型。未規定。 C++11

非メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
operator== 等値比較 C++11
operator!= 非等値比較 C++11
operator<< ストリームへの出力 C++11
operator>> ストリームからの入力 C++11

#include <iostream>
#include <random>

int main()
{
  std::random_device seed_gen;
  std::default_random_engine engine(seed_gen());

  // 成功確率0.5の事象を5回施行する
  std::binomial_distribution<> dist(5, 0.5);

  // 成功した回数を取得(0以上5以下の値が返される)
  int result = dist(engine);
  std::cout << result << std::endl;
}

出力例

2

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照