最終更新日時:
が更新

履歴 編集

typedef
<random>

std::ranlux48(C++11)

namespace std {
  typedef
    discard_block_engine<ranlux48_base, 389, 11>
  ranlux48;
}

概要

ranlux48は、贅沢さレベル4のRANLUX(LUXury RANdom numbers)法エンジンである。
RANLUX法は、以下の特徴を持つ:

  • 低速だが、高品質な乱数を生成する
  • 異なるシードのジェネレータ間では、乱数列が重複しない

RANLUX法は、0から4までの贅沢さレベル(luxury level)が選択可能である。
レベルを高くするほど低速になるが、乱数の品質は高くなる。レベル4が最高品質となる。
標準では、レベル3のranlux24および、レベル4のranlux48が定義される。

モンテカルロ法によるシミュレーションに、よく使用される。

要件

ranlux48型オブジェクトをデフォルト構築した場合、10000番目に生成される擬似乱数の値は249142670248501であること。

乱数列の周期

10171

サイズ

12 * sizeof(uint_fast64_t)

パフォーマンス

ranlux24に比べて、40%ほど遅い。

シード、および生成される値の型

uint_fast64_t

#include <iostream>
#include <random>

int main()
{
  std::random_device seed_gen;
  std::ranlux48 engine(seed_gen());

  for (int i = 0; i < 10; ++i) {
    std::uint64_t result = engine();
    std::cout << result << std::endl;
  }
}

出力例

150487143042812
271824176483188
144262504480630
41969914011396
182011784013906
108124382624549
17607643147140
165775445584215
85439168429936
199504771218332

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照