最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

concept
<ranges>

std::ranges::contiguous_range(C++20)

namespace std::ranges {
  template<class T>
  concept contiguous_range = random_access_range<T> && contiguous_iterator<iterator_t<T>> &&
    requires(T& t) {
      { ranges::data(t) } -> same_as<add_pointer_t<range_reference_t<T>>>;
    };
}

概要

contiguous_rangeは、イテレータがcontiguous_iteratorである範囲を表すコンセプトである。

contiguous_rangeである範囲は、要素がメモリ上で連続して配置されており、ranges::dataranges::cdataで要素のポインタを取得できる。

モデル

decltype((t))T&であるような式tがあるとする。 Tcontiguous_rangeのモデルとなるのは、to_address(ranges::begin(t)) ==ranges::data(t)trueとなる場合である。

#include <ranges>
#include <vector>

int main() {
  using namespace std;
  // vectorはcontiguous_range
  static_assert(ranges::contiguous_range<vector<int>>);

  // vectorから作ったelements_viewはcontiguous_rangeではない
  using view_t = ranges::elements_view<ranges::views::all_t<vector<pair<int, int>>&>, 0>;
  static_assert(ranges::random_access_range<view_t>);
  static_assert(!ranges::contiguous_range<view_t>);
}

出力

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照