最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

customization point object
<ranges>

std::ranges::cdata(C++20)

namespace std::ranges {
  inline namespace /*unspecified*/ {
    inline constexpr /*unspecified*/ cdata = /*unspecified*/;
  }
}

概要

範囲の要素が格納されたメモリ領域へのポインタを取得する関数オブジェクト。

効果

部分式Eの型をTとする。このとき、式ranges::cdata(E)の効果は以下の式と等しい。

  1. Eがlvalueであれば、ranges::data(static_cast<const T&>(E))
  2. それ以外の場合、ranges::data(static_cast<const T&&>(E))

戻り値

範囲の要素が格納されたメモリ領域へのポインタ。

カスタマイゼーションポイント

範囲がconstな場合についてranges::dataをカスタマイズすることで、ranges::cdataをカスタマイズできる。

備考

ranges::cdata(E)が有効な式であるとき、その型はオブジェクトへのポインタである。

#include <vector>
#include <iostream>
#include <ranges>

void some_c_like_api_function(const int* arr, std::size_t arr_size)
{
  std::cout << "array size:" << arr_size << " at " << static_cast<const void*>(arr) << std::endl;
}

int main()
{
  int arr[4] = {};
  some_c_like_api_function(std::ranges::cdata(arr), std::ranges::size(arr));
  std::vector<int> v { 12 };
  some_c_like_api_function(std::ranges::cdata(v), std::ranges::size(v));
}

出力

false
false
true
false
false

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照