最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<ranges>

std::ranges::ref_view(C++20)

namespace std::ranges {
  template<range R>
    requires is_object_v<R>
  class ref_view : public view_interface<ref_view<R>> { …… };   // (1)

  namespace views {
    inline constexpr /*unspecified*/ all = /*unspecified*/;     // (2)

    template<viewable_range R>
    using all_t = decltype(all(declval<R>()));                  // (3)
  }
}

概要

  • (1): Rangeへの参照として振る舞うview
  • (2): Rangeへの参照として振る舞うviewを生成するRangeアダプタクロージャオブジェクト。allの戻り値はref_viewの他に、元のRangeそのものやsubrangeの場合があり、まとめて"all view"と呼ぶことがある
  • (3): allの戻り値の型を得るエイリアステンプレート。all_tを使えば、allの分岐を気にせずに"all view"の型を得ることができる

Rangeコンセプト

borrowed sized output input forward bidirectional random_access contiguous common viewable view

※ 参照先のRangeに従う

テンプレートパラメータ制約

効果

  • (2): 式views::all(E)の効果は次の通り
    • Edecayした型がviewのモデルであれば、decay-copy(E)と等しい
    • それ以外のとき、ref_view{E}が有効な式であれば、ref_view{E}と等しい
    • それ以外のとき、subrange{E}と等しい

引数にしたRangeが元々viewである場合はそのまま使用する。そうでないときは、まず引数をref_viewでラップしようとする。それもできないときは、イテレータと番兵をsubrangeでラップする。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20
base Rの参照を取得する C++20
begin 先頭を指すイテレータを取得する C++20
end 番兵を取得する C++20
empty Rangeが空かどうかを判定する C++20
size 要素数を取得する C++20
data Rangeの先頭へのポインタを取得する C++20

rを参照先のRangeとする。emptysizedataは、それぞれranges::empty(r)ranges::size(r)ranges::data(r)が有効な式であるときに定義される。

継承しているメンバ関数

名前 説明 対応バージョン
operator bool Rangeが空でないかどうかを判定する C++20
front 先頭要素への参照を取得する C++20
back 末尾要素への参照を取得する C++20
operator[] 要素へアクセスする C++20

推論補助

名前 説明 対応バージョン
(deduction_guide) クラステンプレートの推論補助 C++20

#include <ranges>
#include <iostream>

int main() {
  using namespace std;
  int a[] = {1, 2, 3, 4, 5};

  for (int i : a | views::all) {
    cout << i;
  }
}

出力

12345

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照