最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<ranges>

std::ranges::elements_view(C++20)

namespace std {
  namespace ranges {
    template<input_range V, size_t N>
    requires view<V> && has-tuple-element<range_value_t<V>, N> &&
             has-tuple-element<remove_reference_t<range_reference_t<V>>, N>
    class elements_view : public view_interface<elements_view<V, N>> { …… }; // (1)

    template<class R>
    using keys_view = elements_view<views::all_t<R>, 0>;                     // (2)

    template<class R>
    using values_view = elements_view<views::all_t<R>, 1>;                   // (3)

    namespace views {
      inline constexpr /*unspecified*/ elements = /*unspecified*/;           // (4)

      inline constexpr auto keys = elements<0>;                              // (5)

      inline constexpr auto values = elements<1>;                            // (6)
    }
  }

  namespace views = ranges::views;
}

概要

タプルと見なせる型を要素とするRangeに対して、各要素にgetを適用するview

  • (1): 各要素にget<N>を適用するview
  • (2): 各要素にget<0>を適用するview
  • (3): 各要素にget<1>を適用するview
  • (4): elements_viewを生成するRangeアダプタオブジェクト
  • (5): keys_viewを生成するRangeアダプタオブジェクト
  • (6): values_viewを生成するRangeアダプタオブジェクト

elementsで得られるviewの大きさは、指定した個数に関わらず、元のRangeの大きさを超えることは無い。

Rangeコンセプト

borrowed sized output input forward bidirectional random_access contiguous common viewable view
(1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1)
  • (1): Vに従う

テンプレートパラメータ制約

説明専用コンセプトhas-tuple-elementを次のように定義する。

template<class T, size_t N>
concept has-tuple-element =
  requires(T t) {
    typename tuple_size<T>::type;
    requires N < tuple_size_v<T>;
    typename tuple_element_t<N, T>;
    { get<N>(t) } -> convertible_to<const tuple_element_t<N, T>&>;
  };

これを用いて、

効果

  • (4): Eを部分式、Nを定数式とするとき、式views::elements<N>(E)の効果はelements_view<views::all_t<decltype((E))>, N>{E}と等しい。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20
base Vの参照を取得する C++20
begin 先頭を指すイテレータを取得する C++20
end 番兵を取得する C++20
size 要素数を取得する C++20

rを元のRangeとする。sizeranges::size(r)が有効な式であるときに定義される。

継承しているメンバ関数

名前 説明 対応バージョン
empty Rangeが空かどうかを判定する C++20
operator bool Rangeが空でないかどうかを判定する C++20
front 先頭要素への参照を取得する C++20
back 末尾要素への参照を取得する C++20
operator[] 要素へアクセスする C++20

推論補助

名前 説明 対応バージョン
(deduction_guide) クラステンプレートの推論補助 C++20

#include <ranges>
#include <map>
#include <string>
#include <iostream>

int main() {
  using namespace std;
  map<int, string> m = {{1, "one"}, {2, "two"}, {3, "three"}};

  for (int i : m | views::keys) {
    cout << i << '\n';
  }

  for (const string& i : m | views::values) {
    cout << i << '\n';
  }
}

出力

1
2
3

one
two
three

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照