最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<ranges>

std::ranges::iota_view(C++20)

namespace std {
  namespace ranges {
    template<weakly_incrementable W, semiregular Bound = unreachable_sentinel_t>
    requires weakly-equality-comparable-with<W, Bound> && semiregular<W>
    class iota_view : public view_interface<iota_view<W, Bound>> { …… }; // (1)

    namespace views {
      inline constexpr unspecified iota = unspecified; // (2)
    }
  }

  namespace views = ranges::views;
}

概要

iota_viewは、有限長または無限長の単調増加列を表すview

  • 1つの値bから生成したiota_viewは、bから始まる無限長の単調増加列となる。
  • 2つの値b, eから生成したiota_viewは、[b, e)に含まれる値を列挙する有限長の単調増加列となる。

iota_viewのオブジェクトは(2)のカスタマイゼーションポイントオブジェクトviews::iotaで生成できる。

iota_viewの要素は、iota_viewが作られる時に初めの要素が生成され、残りはアクセスするときに生成される。

範囲カテゴリ

borrowed sized output input forward bidirectional random_access contiguous common viewable view
(1) (2) (2) (2) (3)

テンプレートパラメータ制約

効果

  • views::iota(E)の効果はiota_view{E}と等しい。
  • views::iota(E, F)の効果はiota_view{E, F}と等しい。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20
begin 先頭を指すイテレータを取得する C++20
end 番兵を取得する C++20
size 有限長のとき、要素数を取得する C++20

継承しているメンバ関数

名前 説明 対応バージョン
empty 範囲が空かどうかを判定する C++20
operator bool 範囲が空でないかどうかを判定する C++20
front 先頭要素への参照を取得する C++20
back 有限長のとき、末尾要素への参照を取得する C++20
operator[] 要素へアクセスする C++20

推論補助

名前 説明 対応バージョン
(deduction_guide) クラステンプレートの推論補助 C++20

#include <ranges>
#include <iostream>

int main() {
  using namespace std;

  for (int i : views::iota(1, 10)) {
    cout << i;
  }
  cout << '\n';
  for (int i : views::iota(10)) {
     cout << i;
     break;
  }
}

出力

123456789
10

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照