最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<random>

std::subtract_with_carry_engine::コンストラクタ(C++11)

explicit subtract_with_carry_engine(result_type value = default_seed);     // (1)
template<class Sseq> explicit subtract_with_carry_engine(Sseq& q);         // (2)

subtract_with_carry_engine(const subtract_with_carry_engine& e) = default; // (3)
subtract_with_carry_engine(subtract_with_carry_engine&& e) = default;      // (4)

概要

  • (1) : シード値を受け取って状態シーケンスを構築する
    • シード値が指定されない場合は、固定のシード値でデフォルト構築される
    • ※ シード値には、初期状態の予測不可能性を高めるために、UNIX時間(エポックからの経過時間)や、非決定的な乱数を指定するのがよい。
  • (2) : シードのシーケンスを受け取って状態シーケンスを構築する
  • (3) : コピーコンストラクタ。状態シーケンスをコピーする
  • (4) : ムーブコンストラクタ。可能であれば状態シーケンスを移動する

計算量

  • (1), (3) : O(n)

#include <iostream>
#include <random>
#include <array>
#include <cstdint>

int main()
{
  // (1) デフォルト構築
  // デフォルトのシード値(default_seed静的データメンバ)から構築する
  {
    std::ranlux24_base engine;

    std::uint32_t result = engine();
    std::cout << result << std::endl;
  }

  // (1) シード値を指定して構築
  {
    std::uint32_t seed = std::random_device()();
    std::ranlux24_base engine(seed);

    std::uint32_t result = engine();
    std::cout << result << std::endl;
  }

  // (2) シードのシーケンスを指定して構築
  {
    // シードのシーケンスを作る
    std::random_device seed_gen;
    std::array<std::uint32_t, 100> seeds;

    for (std::uint32_t& x : seeds) {
      x = seed_gen();
    }

    std::seed_seq seq(seeds.begin(), seeds.end());

    // シードのシーケンスを指定してエンジンを初期化
    std::ranlux24_base engine(seq);

    std::uint32_t result = engine();
    std::cout << result << std::endl;
  }
}

出力例

15039276
7573519
3112173

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照