最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<set>

std::set::コンストラクタ

set();                                              // (1) C++14

explicit set(const Compare& comp,
             const Allocator& = Allocator());       // (2) C++14

explicit set(const Compare& comp = Compare(),
             const Allocator& alloc = Allocator()); // (1) + (2) C++03

explicit set(const Allocator& alloc);               // (3) C++11

template <class InputIterator>
set(InputIterator first, InputIterator last,
    const Compare& comp = Compare(),
    const Allocator& alloc = Allocator());          // (4) C++03

template <class InputIterato>
set(InputIterator first, InputIterator last,
    const Allocator& a);                            // (5) C++14

set(const set& x);                                  // (6) C++03
set(set&& y);                                       // (7) C++11

set(const set& x, const Allocator& alloc);          // (8) C++11
set(set&& y, const Allocator& alloc);               // (9) C++11

set(initializer_list<value_type> init,
    const Compare& comp = Compare(),
    const Allocator& alloc = Allocator());          // (10) C++11

set(initializer_list<value_type> init,
    const Allocator& a);                            // (11) C++14

概要

setオブジェクトを、以下に示す通りの要素で初期化する。

効果

  • (1) : デフォルトコンストラクタ。要素数が空のsetオブジェクトを構築する。
  • (2) : 比較関数オブジェクトを受け取るコンストラクタ。受け取った比較関数オブジェクトを、このコンテナでの要素比較に使用する。要素数が空のsetオブジェクトを構築する。
  • (1) + (2) : デフォルトコンストラクタ。空のコンテナを構築する。
  • (3) : アロケータを別で受け取り、要素数が空のsetオブジェクトを構築する。
  • (4) : 範囲 [first, last) のコンテンツで構築する。
  • (5) : (4)のコンストラクタを set(first, last, Compare(), a) のように呼び出して、setオブジェクトを構築する。
  • (6), (8) : コピーコンストラクタ。xのコンテンツのコピーでコンテナを構築する。もし alloc が与えられなかった場合、アロケータを std::allocator_traits<allocator_type>::select_on_container_copy_construction(x.get_allocator()) の呼び出しによって取得する。
  • (7), (9) : ムーブコンストラクタ。y のコンテンツをムーブすることでコンテナを構築する。もし alloc が与えられなかった場合、アロケータを y に属しているアロケータをムーブして取得する。
  • (10) : 初期化リスト init のコンテンツでコンテナを構築する。
  • (11) : (10)のコンストラクタを set(init, Compare(), a) のように呼び出して、setオブジェクトを構築する。

計算量

  • (1), (2), (3) : 定数時間。
  • (4), (5) : comp によって既にソート済みである場合は、イテレータ間の距離(コピーコンストラクト)。未ソートのシーケンスの場合は、それらの距離について N * logN (ソート、コピーコンストラクト)。
  • (6), (8) : xsize に対して線形時間(全要素をコピー構築する)。
  • (7), (9) : 定数時間。ただし、alloc が与えられてかつ alloc != y.get_allocator() の場合は線形時間。
  • (10), (11) : init の要素数に対して線形時間。

備考

  • C++14 では、デフォルトコンストラクタを (1) + (2) の形式から (1) の形式に分離して残りを (2) の形式(comp のデフォルト引数を削除)にした。 これは、デフォルトコンストラクタに explicit が付いていると、

    std::set<int> s = {};
    

    のようなコード(C++11 から導入された、コピーリスト初期化によるデフォルトコンストラクタ呼び出し)がエラーになってしまうためである。

  • C++14 では、(5) に形式が新たに追加された。 これは、イテレータ範囲 [first, last) のみを引数にとるアロケータ使用構築(uses-allocator construction)に失敗してしまうためである。 具体的には、C++11 では以下のようなコードがエラーになってしまう。

    #include <list>
    #include <set>
    #include <scoped_allocator>
    #include <iterator>
    #include <memory>
    
    int main()
    {
      using sii = std::set<int>;
      std::list<sii, std::scoped_allocator_adaptor<std::allocator<sii>>> l;
      int a[] = {1, 2, 3};
      l.emplace_back(std::begin(a), std::end(a));
    }
    

    なお、C++14 では同様の理由で (11) の形式も新たに追加されているが、こちらは存在しなくてもエラーとはならない。
    set(init, alloc) の形式の構築では、(11) の形式が無い場合でも (10) の形式を用いて init から一時 set が構築され、alloc と共に (9) の形式に引き渡される)

#include <iostream>
#include <set>

int main()
{
  int values[] = { 5, 2, 4, 1, 0, 0, 9 };
  std::set<int> c1(values, values + 7);
  std::set<int> c2(c1);

  std::cout << "Size of c1: " << c1.size() << std::endl;
  std::cout << "Size of c2: " << c2.size() << std::endl;
}

出力

Size of c1: 6
Size of c2: 6

関連項目

名前 説明
operator= 代入演算子
insert 要素を挿入する

参照