最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<syncstream>

std::basic_osyncstream(C++20)

namespace std {
  template<class charT, class traits, class Allocator>
  class basic_osyncstream : public basic_ostream<charT, traits> { ... };

  using osyncstream = basic_osyncstream<char>;
  using wosyncstream = basic_osyncstream<wchar_t>;
}

概要

同じストリームへアトミックに出力するメカニズムを提供する。

エイリアス 説明 対応バージョン
osyncstream basic_osyncstream<char> C++20
wosyncstream basic_osyncstream<wchar_t> C++20

メンバ

基底クラスである basic_ostream も参照のこと。

メンバ関数

構築・破棄

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20
(destructor) デストラクタ C++20

割り当て

名前 説明 対応バージョン
operator= 代入演算子 C++20

その他メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
emit ベースとなるbasic_syncbufに対してemit()を呼び出す C++20
get_wrapped ベースとなるbasic_syncbufに対してget_wrapped()を呼び出す C++20
rdbuf ベースとなるstd::basic_syncbufへのポインタを返す C++20

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
char_type charT C++20
traits_type Traits Traits::char_typeCharTでない場合、プログラムは不適格である C++20
int_type Traits::int_type C++20
pos_type Traits::pos_type C++20
off_type Traits::off_type C++20
allocator_type Allocator C++20
streambuf_type std::basic_streambuf<CharT, Traits> C++20
syncbuf_type std::basic_syncbuf<CharT, Traits, Allocator> C++20

#include <iostream>
#include <syncstream>
#include <thread>

void thread1()
{
  {
    std::osyncstream bout{std::cout};
    bout << "Hello, ";
    bout << "World!";
    bout << std::endl; // フラッシュがノートされる
    bout << "and more!\n";
  }   // 文字が転送され、cout はフラッシュする
}

void thread2()
{
  // 同じバッファに行われる出力は、異なる std::basic_osyncstream(std::basic_syncbuf) の
  // インスタンスからでも、アトミックに出力されることが保証される
  std::osyncstream(std::cout) << "Goodbye, " << "Planet!" << '\n';
}

int main()
{
  std::thread th1(thread1);
  std::thread th2(thread2);
  th1.join();
  th2.join();
}

出力例

thread1 の処理が先行した場合。ただし、各出力は連続したシーケンスとなるように、アトミックに行われることが保証される。

Hello, World!
and more!
Goodbye, Planet!

バージョン

言語

  • C++20

処理系

関連項目

参照