最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<unordered_map>

std::unordered_map::insert_or_assign(C++17)

template <class M>
pair<iterator, bool> insert_or_assign(const key_type& k, M&& obj);              // (1)

template <class M>
pair<iterator, bool> insert_or_assign(key_type&& k, M&& obj);                   // (2)

template <class M>
iterator insert_or_assign(const_iterator hint, const key_type& k, M&& obj);     // (3)

template <class M>
iterator insert_or_assign(const_iterator hint, key_type&& k, M&& obj);          // (4)

概要

引数 k で指定されたキーが存在しなければ対応する値を引数 obj の値として要素を挿入し(insert)、さもなければ(or)、そのキーに対応する値に引数 obj を代入する(assign)。

引数 hint は、k を検索する際のヒントに使用される。(が、実際に使用されることはないものと思われる。emplace_hint の備考を参照)

要件

効果

  • (1)、(3) : Unordered_mapk と同値のキーを持つ要素 e を持っている場合、e.secondforward<M>(obj) を代入する。そうでなければ、k, forward<M>(obj) から構築した value_type 型のオブジェクトを挿入する。
  • (2)、(4) : Unordered_mapk と同値のキーを持つ要素 e を持っている場合、e.secondforward<M>(obj) を代入する。そうでなければ、move(k), forward<M>(obj) から構築した value_type 型のオブジェクトを挿入する。

戻り値

  • (1)、(2) : イテレータと bool 値の pair を返す。
    • 挿入された場合には、first に挿入された要素へのイテレータ、secondtrue が設定される。
    • 代入された場合には、first に代入された要素へのイテレータ、secondfalse が設定される。
  • (3)、(4) :
    • 挿入された場合には、挿入された要素へのイテレータを返す。
    • 代入された場合には、代入された要素へのイテレータを返す。

計算量

備考

  • 規格にはこの関数の例外安全性についての記載が無いが、emplace や [emplace_hint] と同等と考えて問題ないと思われる。

  • 規格にはこの関数が呼ばれた後のイテレータや要素へのポインタ・参照の有効性についての記載が無いが、emplace や [emplace_hint] と同等と考えて問題ないと思われる。

  • このメンバ関数の機能テストマクロは以下の通り。

    マクロ名
    __cpp_lib_unordered_map_try_emplace 201411

#include <iostream>
#include <unordered_map>
#include <string>
#include <utility>
#include <memory>

template <typename T>
void print(const T& t, bool u)
{
  std::cout << "key = " << t.first->first << ", value = " << *t.first->second
    << ", is inserted = " << t.second << ", is empty = " << u << '\n';
}

int main()
{
  std::unordered_map<std::string, std::unique_ptr<int>> um;
  std::cout << std::boolalpha;

  auto u1 = std::make_unique<int>(1);
  auto p1 = um.insert_or_assign("one", std::move(u1));
  print(p1, !u1);

  auto u2 = std::make_unique<int>(2);
  auto p2 = um.insert_or_assign("two", std::move(u2));
  print(p2, !u2);

  auto u3 = std::make_unique<int>(42);
  auto p3 = um.insert_or_assign("two", std::move(u3));
  print(p3, !u3);
}

出力

key = one, value = 1, is inserted = true, is empty = true
key = two, value = 2, is inserted = true, is empty = true
key = two, value = 42, is inserted = false, is empty = true

バージョン

言語

  • C++17

処理系

関連項目

名前 説明
emplace コンテナ内への要素の直接構築
emplace_hint 挿入位置のヒントを使用したコンテナ内への要素の直接構築
insert 要素の追加
insert_or_assign 要素の追加、あるいは代入
erase 要素の削除
clear 全要素の削除
swap 内容の交換
bucket_count バケット数の取得
load_factor 現在の負荷率(バケットあたりの要素数の平均)を取得
max_load_factor 負荷率の最大値を取得、設定
rehash 最小バケット数指定によるバケット数の調整
reserve 最小要素数指定によるバケット数の調整

参照