最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<cmath>

std::trunc(C++11)

namespace std {
  float trunc(float x);
  double trunc(double x);
  long double trunc(long double x);

  double trunc(Integral x);

  float truncf(float x);             // C++17 から
  long double truncl(long double x); // C++17 から
}

概要

引数 x をゼロ方向に丸めた整数値を得る。
ゼロ方向への丸めた整数値とは、絶対値が引数 x の絶対値以下で、かつ、引数 x に最も近い整数値である。

戻り値

引数 x をゼロ方向に丸めた整数値

備考

  • 本関数は、C99 の規格にある trunc(より正確には math.h ヘッダの trunctruncftruncl の 3 つ。それぞれ C++ の doublefloatlong double バージョンに相当)と同等である。
  • C++11 以降では、処理系が IEC 60559 に準拠している場合(std::numeric_limits<T>::is_iec559() != false)、以下の規定が追加される。

    • x = ±0 の場合、±0 を返す。
    • x = ±∞ の場合、±∞ を返す。

    また、本関数の挙動は、丸めモードが FE_TOWARDZERO に設定されている時の rint、あるいは nearbyint のいずれかと同等である。
    したがって、本関数において戻り値が引数 x と異なる場合に例外 FE_INEXACT が発生するか否かは実装依存である。
    なお、本関数の挙動は、現在の丸めモードには依存しない。

#include <cfenv>
#include <cmath>
#include <iostream>

void test(double x)
{
  std::feclearexcept(FE_ALL_EXCEPT);
  std::cout << "trunc(" << x << ") = " << std::trunc(x) << '\n';
  std::cout << "FE_INEXACT = " << std::boolalpha << (std::fetestexcept(FE_INEXACT) != 0) << "\n\n";
}

int main()
{
  test(2.0);
  test(2.1);
  test(2.5);
  test(2.9);
  test(-2.0);
  test(-2.1);
  test(-2.5);
  test(-2.9);
}

出力例

trunc(2) = 2
FE_INEXACT = false

trunc(2.1) = 2
FE_INEXACT = false

trunc(2.5) = 2
FE_INEXACT = false

trunc(2.9) = 2
FE_INEXACT = false

trunc(-2) = -2
FE_INEXACT = false

trunc(-2.1) = -2
FE_INEXACT = false

trunc(-2.5) = -2
FE_INEXACT = false

trunc(-2.9) = -2
FE_INEXACT = false

引数と結果が異なる場合に例外 FE_INEXACT が発生するか否かは実装によって異なる。