最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<future>

std::promise::get_future(C++11)

future<R> get_future();

概要

結果取得のためのfutureオブジェクトを取得する

戻り値

*thisと同じ共有状態を持つfuture<R>オブジェクトを返す

例外

この関数は、以下のerror conditionを持つfuture_error例外オブジェクトを送出する可能性がある:

  • future_already_retrieved : すでにこの関数によって共有状態が作られている
  • no_state*thisが共有状態を持っていない(promiseオブジェクトがムーブされると起こりうる)

#include <iostream>
#include <future>
#include <thread>
#include <utility>

void calc(std::promise<int> p)
{
  int sum = 0;
  for (int i = 0; i < 10; ++i) {
    sum += i + 1;
  }

  p.set_value(sum); // 結果値を書き込む
}

int main()
{
  std::promise<int> p;
  std::future<int> f = p.get_future();

  // 別スレッドで計算を行う
  std::thread t(calc, std::move(p));

  // calc()によって書き込まれた結果を取得
  std::cout << f.get() << std::endl;

  t.join();
}

出力

55

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照