最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<future>

std::promise::set_value_at_thread_exit(C++11)

// テンプレートパラメータRが下記特殊ケースでない場合
void promise::set_value_at_thread_exit(const R& r);
void promise::set_value_at_thread_exit(R&& r);

// テンプレートパラメータRが参照の場合
void promise<R&>::set_value_at_thread_exit(R& r);

// テンプレートパラメータRがvoidの場合
void promise<void>::set_value_at_thread_exit();

概要

スレッド終了時に結果の値を設定する

効果

rを、すぐに準備完了状態(future_status::ready)にはせずに共有状態に格納する。現在のスレッドが終了し、スレッドローカル記憶域を持つ全てのオブジェクトを破棄したあと、準備完了状態にする。

戻り値

なし

例外

この関数は、以下のerror conditionを持つfuture_error例外オブジェクトを送出する可能性がある:

  • promise_already_satisfied : すでに値もしくは例外が設定されている
  • no_state*thisが共有状態を持っていない(promiseオブジェクトがムーブされると起こりうる)

また、以下のバージョンにおいてその他の例外オブジェクトが送出される可能性がある:

  • const R&バージョン :
    • C++14 : R型のオブジェクトをコピーするために選択されたコンストラクタが、あらゆる例外を送出する可能性がある
  • R&&バージョン :
    • C++14 : R型のオブジェクトをムーブするために選択されたコンストラクタが、あらゆる例外を送出する可能性がある

#include <iostream>
#include <future>
#include <thread>
#include <utility>
#include <functional>

// promiseを左辺値参照にしているのはVisual C++ 2012のバグのため
// https://connect.microsoft.com/VisualStudio/feedback/details/737812
void calc(std::promise<int>& p)
{
  int sum = 0;
  for (int i = 0; i < 10; ++i) {
    sum += i + 1;
  }

  // 結果値を書き込み、スレッド終了時に準備完了状態にする
  p.set_value_at_thread_exit(sum);
}

int main()
{
  std::promise<int> p;
  std::future<int> f = p.get_future();

  // 別スレッドで計算を行う
  std::thread t(calc, std::ref(p));

  // calc()によって書き込まれた結果を取得
  std::cout << f.get() << std::endl;

  t.join();
}

出力

55

例:promise<R&>

#include <iostream>
#include <future>
#include <thread>
#include <utility>
#include <functional>

class Calculator {
  int sum_;
  std::future<int&> async_calc_;
  std::promise<int&> p_;

public:
  Calculator() : sum_(0) {}

  void start()
  {
    async_calc_ = p_.get_future();

    std::thread t(&Calculator::calc, this, std::ref(p_));
    t.detach();
  }

  int get()
  {
    return async_calc_.get();
  }

  void calc(std::promise<int&>& p)
  {
    int sum = 0;
    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
      sum += i + 1;
    }

    // メンバ変数への参照を結果値として書き込み、
    // スレッド終了時に準備完了状態にする
    sum_ = sum;
    p.set_value_at_thread_exit(sum_);
  }
};

int main()
{
  Calculator c;

  // 非同期に計算を開始する
  c.start();

  // 計算結果を取得する
  int result = c.get();

  std::cout << result << std::endl;
}

出力

55

例:promise<void>

#include <iostream>
#include <future>
#include <thread>
#include <utility>
#include <functional>

class Calculator {
  int sum_;
  std::promise<void> p_;
  std::future<void> async_calc_;

public:
  Calculator() : sum_(0) {}

  void start()
  {
    async_calc_ = p_.get_future();

    std::thread t(&Calculator::calc, this, std::ref(p_));
    t.detach();
  }

  int get()
  {
    async_calc_.get();
    return sum_;
  }

  void calc(std::promise<void>& p)
  {
    int sum = 0;
    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
      sum += i + 1;
    }

    // メンバ変数として結果を保持し、promiseでは計算終了の通知のみ行う
    // 通知はスレッド終了時に行われる
    sum_ = sum;
    p.set_value_at_thread_exit();
  }
};

int main()
{
  Calculator c;

  // 非同期に計算を開始する
  c.start();

  // 計算結果を取得する
  int result = c.get();

  std::cout << result << std::endl;
}

出力

55

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照