最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<functional>

std::reference_wrapper::ref(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  reference_wrapper<T> ref(T& t) noexcept;                   // (1)

  template <class T>
  reference_wrapper<T> ref(reference_wrapper<T> t) noexcept; // (2)

  template <class T>
  void ref(const T&&) = delete;                              // (3)
}

概要

変数への参照tを保持するreference_wrapperオブジェクトを生成する

戻り値

  • (1) : tを参照するreference_wrapper<T>オブジェクトを返す。
  • (2) : tをそのまま返す。

例外

投げない

#include <iostream>
#include <functional>

int main()
{
  int x = 3;

  // 参照ラッパーrは、変数xへの参照を保持する
  std::reference_wrapper<int> r = std::ref(x);
  ++x;

  std::cout << r.get() << std::endl;
}

出力

4

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照