最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<memory>

std::ranges::uninitialized_fill(C++20)

namespace std::ranges {
  template <no-throw-forward-iterator I,
            no-throw-sentinel<I> S,
            class T>
    requires constructible_from<iter_value_t<I>, const T&>
  I uninitialized_fill(I first, S last, const T& x);            // (1) C++20

  template <no-throw-forward-range R,
            class T>
    requires constructible_from<range_value_t<R>, const T&>
  borrowed_iterator_t<R> uninitialized_fill(R&& r, const T& x); // (2) C++20
}

概要

未初期化領域の範囲 (r[first, last)) を、指定された値で配置newで初期化する。

  • (1): イテレータペアで範囲を指定する
  • (2): 範囲を直接指定する

テンプレートパラメータ制約

  • (1):
    • Ino-throw-forward-iteratorである
    • SIに対する例外を投げない番兵である
    • Iの要素型が、const T&型を引数として構築可能である
  • (2):
    • Rno-throw-forward-rangeである
    • Rの要素型が、const T&型を引数として構築可能である

効果

説明用の関数voidifyがあるとして、

template<class T>
constexpr void* voidify(T& obj) noexcept {
  return const_cast<void*>(static_cast<const volatile void*>(addressof(obj)));
}

以下と等価である:

for (; first != last; ++first) {
  ::new (voidify(*first)) remove_reference_t<iter_reference_t<I>>(x);
}
return first;

#include <iostream>
#include <memory>
#include <algorithm>

int main()
{
  std::allocator<int> alloc;

  // メモリ確保。
  // この段階では、[p, p + size)の領域は未初期化
  const std::size_t size = 3;
  int* p = alloc.allocate(size);

  // 未初期化領域[p, p + size)を初期化しつつ、値2で埋める
  std::ranges::uninitialized_fill(std::ranges::subrange{p, p + size}, 2);

  // pの領域が初期化され、かつ範囲pの全ての要素が2で埋められているか確認
  std::for_each(p, p + size, [](int x) {
    std::cout << x << std::endl;
  });

  // 要素を破棄
  for (std::size_t i = 0; i < size; ++i) {
    std::destroy_at(p + i);
  }

  // メモリ解放
  alloc.deallocate(p, size);
}

出力

2
2
2

バージョン

言語

  • C++20

処理系

関連項目

参照