最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<istream>

std::basic_istream::putback

basic_istream<CharT, Traits>& putback(char_type c);

概要

(非書式化入力関数)指定した1文字をストリームバッファの入力に戻す。 実引数で戻す文字を指定する点がungetメンバ関数と異なる。

非書式化入力関数であるが、初めにeofbitを消去する点が通常と異なる。

効果

  1. sentryオブジェクトを構築する。
  2. !good()ならsetstate(failbit)を呼び出して終わる。
  3. rdbuf()->sputbackc()を呼び出す。
    • rdbuf()がヌルポインタであるか、sputbackc()Traits::eof()を返した場合、setstate(badbit)を呼び出す。

戻り値

*this

備考

この関数は1文字も入力を行わないため、この後のgcount()は常に0を返す。

#include <iostream>
#include <locale>
#include <string>

// 入力の先頭を大文字にしてから文字列として読み込む
std::string get_word(std::istream& is) {
  std::string s;
  char c;
  if (is >> c) {
    // 大文字にしてからput_backで戻す。
    is.putback(std::toupper(c, is.getloc()));

    is >> s;
  }
  return s;
}

int main() {
  std::cout << get_word(std::cin) << std::endl;
}

入力

tomato

出力

Tomato

実装例

basic_istream<CharT, Traits>& putback(char_type c) {
  clear(rdstate() & ~eofbit);
  try {
    sentry s(*this, true);
    if (s) {
      if (auto sb = rdbuf()) {
        if (sb->sputbackc(c) != Traits::eof()) {
          return *this;
        }
      }
      setstate(badbit);
    }
  } catch (...) {
    例外を投げずにbadbitを設定する;
    if ((exceptions() & badbit) != 0) {
      throw;
    }
  }
  return *this;
}

バージョン

言語

  • C++98

参照