最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<filesystem>

std::filesystem::path::is_absolute(C++17)

bool is_absolute() const;

概要

パスが絶対パスかを判定する。

絶対パスとは、追加の開始位置を必要とせずに、曖昧さなく特定の場所の場所を参照できるパスのことである。その定義はOSに依存する。

戻り値

パスが絶対パスであればtrue、そうでなければfalseを返す。

備考

  • POSIXとWindowsはどちらも、ルートディレクトリがパスに含まれていれば、絶対パスと見なせる。カレントディレクトリや親ディレクトリの参照が含んでいても絶対パスと判断される

POSIXベースシステムでの例

#include <iostream>
#include <filesystem>

namespace fs = std::filesystem;

int main()
{
  fs::path ps[] = {
    "/",               // ルートパスのみ
    "/foo/bar.txt",    // ルートパスを含む
    "/foo/../bar.txt", // ルートパスに加えて、親ディレクトリの参照を含む
    "foo/bar.txt"      // ルートパスを含まない
  };

  std::cout << std::boolalpha;
  for (const fs::path& p : ps) {
    std::cout << p << " : " << p.is_absolute() << std::endl;
  }
}

出力

"/" : true
"/foo/bar.txt" : true
"/foo/../bar.txt" : true
"foo/bar.txt" : false

Windowsでの例

#include <iostream>
#include <filesystem>

namespace fs = std::filesystem;

int main()
{
  fs::path ps[] = {
    "C:",                // ルート名のみ
    "C:/",               // ルートパスのみ
    "C:/foo/bar.txt",    // ルートパスを含む
    "C:/foo/../bar.txt", // ルートパスに加えて、親ディレクトリの参照を含む
    "foo/bar.txt"        // ルートパスを含まない
  };

  std::cout << std::boolalpha;
  for (const fs::path& p : ps) {
    std::cout << p << " : " << p.is_absolute() << std::endl;
  }
}

出力

"C:" : false
"C:\" : true
"C:\foo\bar.txt" : true
"C:\foo\..\bar.txt" : true
"foo\bar.txt" : false

Windowsでの例は、Visual C++が正式にファイルシステムライブラリをサポートしていないことから、未検証のサンプルコード・出力となっている。

バージョン

言語

  • C++17

処理系

参照