最終更新日時:
が更新

履歴 編集

macro
<atomic>

ATOMIC_VAR_INIT(C++11)

#define ATOMIC_VAR_INIT(value) see below

概要

アトミック変数の初期化

効果

このマクロは、静的ストレージを持つアトミック変数をvalueで初期化するためのトークン列へと展開される(この操作はロックの初期化を必要とするかもしれない)。変数の初期化中に並行アクセスされた場合、それがアトミックな操作であったとしてもデータ競合を引き起こす。

備考

このマクロは、atomicオブジェクトに対してはatomic<int> x(value);と書くのと等価である。C言語との互換性のために存在している。

#include <iostream>
#include <atomic>

int main()
{
  std::atomic<int> x = ATOMIC_VAR_INIT(3);

  std::cout << x.load() << std::endl;
}

出力

3

バージョン

言語

  • C++11

処理系

実装例

#define ATOMIC_VAR_INIT(value) { value }

参照