最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<mutex>

std::recursive_mutex(C++11)

namespace std {
  class recursive_mutex;
}

概要

recursive_mutexクラスは、スレッド間で使用する共有リソースを排他制御するためのクラスである。lock()メンバ関数によってリソースのロックを取得し、unlock()メンバ関数でリソースのロックを手放す。

mutexクラスとは異なり、同一スレッドからの再帰的なロック取得を許可する。ミューテックスは内部的に所有権カウントを保持しており、これにより再帰的なロックを管理する。(ここでの所有権カウントは説明用の概念にすぎず、外部から直接観測する事はできない。)

このクラスのデストラクタは自動的にunlock()メンバ関数を呼び出すことはないため、通常このクラスのメンバ関数は直接は呼び出さず、lock_guardunique_lockといったロック管理クラスと併用する。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++11
(destructor) デストラクタ C++11
operator=(const recursive_mutex&) = delete; 代入演算子 C++11
lock ロックを取得する C++11
try_lock ロックの取得を試みる C++11
unlock ロックを手放す C++11
native_handle ミューテックスのハンドルを取得する C++11

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
native_handle_type 実装依存のハンドル型 C++11

#include <iostream>
#include <mutex>
#include <thread>

class counter {
  int count_ = 0;
  std::recursive_mutex mtx_;
public:
  int add(int value)
  {
    std::lock_guard<std::recursive_mutex> lock(mtx_);
    count_ += value;
    return count_;
  }

  int increment()
  {
    std::lock_guard<std::recursive_mutex> lock(mtx_); // ロックを取得する
    return add(1); // add()関数内でも同じミューテックスからロックを取得する
  }
};

std::mutex print_mtx_;
void print_value(int value)
{
  std::lock_guard<std::mutex> lock(print_mtx_);
  std::cout << "count == " << value << std::endl;
}

counter c;
void change_count()
{
  int value = c.increment();
  print_value(value);
}

int main()
{
  std::thread t1(change_count);
  std::thread t2(change_count);

  t1.join();
  t2.join();
}

出力

count == 1
count == 2

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照