最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<mutex>

std::try_to_lock(C++11)

namespace std {
  struct try_to_lock_t { };
  constexpr try_to_lock_t try_to_lock { };
}

概要

try_to_lock_t型とその値try_to_lockは、遅延ロックのためのタグである。

lock()/unlock()の呼び出しをRAIIで自動化するunique_lockクラスのコンストラクタでlock()の代わりにtry_lock()を呼び出すために使用する。

#include <iostream>
#include <mutex>

int main()
{
  std::mutex mtx;
  {
    std::unique_lock<std::mutex> lk(mtx, std::try_to_lock); // lock()の代わりにtry_lock()を呼び出す
    if (!lk) {
      // ロックの取得に失敗
      std::error_code ec(static_cast<int>(std::errc::device_or_resource_busy), std::generic_category());
      throw std::system_error(ec);
    }

    // ...共有リソースにアクセスする...

  } // unique_lockの破棄時にunlock()される
}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • Clang: ??
  • GCC:
  • GCC, C++11 mode: 4.7.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: 11.0, 12.0, 14.0
    • 11.0, 12.0はconstexprが実装されていないため、代わりにtry_to_lockにはconstが修飾されている。

参照